憧れラグジュアリー旅 〜情報玉手箱〜

医師として週の半分ほど従事する傍ら、総合旅行業務取扱管理者の資格を活かし、品格ある優雅な旅の情報を発信させていただきます。

【乗車記】《サフィール踊り子》コレ乗るための「伊豆行き」アリです!

伊豆行きには必ず利用! と言うべきか、これに乗るために伊豆行きを決めていると言うべきか!?

私がそれくらい気に入ってしまっているのが、
伊豆半島(熱海〜伊東〜伊豆高原〜東伊豆〜下田エリア)へのアクセスに必須のラグジュアリー観光特急列車「サフィール踊り子」。

当ブログにてすでにご紹介いたしております稲取温泉「食べるお宿 浜の湯」(https://www.eriotravel.com/entry/izu_hamanoyu)へも、この列車で行くことを推奨します。

日頃、なかなか時間が取れない皆様にこそ、これに乗っていただきたいと思います。

 

 

 

 

ラグジュアリーにもほどがある!?その車両編成

全車両グリーン席​​!

サフィール踊り子」は、「スーパービュー踊り子」の後継として、ダイヤ改正した2020年3月14日より運転を開始。

そのお座席は、ランクの低い順から、

  • グリーン車(5~8号車​)
  • プレミアムグリーン(1号車)
  • グリーン個室(2、3号車)​

なんと、一番お安いのがグリーン車という、ラグジュアリーにもほどがある列車でございます。

サフィール踊り子のグリーン車

グリーン車(5~8号車​)

 

 

 

サフィール踊り子はプレミアムグリーン座席

プレミアムグリーン(1号車)

 

 

いつか乗りたいグリーン個室(6人席がたまたま空席でしたのを撮りました)

 

 

あれ、1、2~3、5~8号って言うけど、
4号車はどうしたのよ!?

はいみなさま! なんと

4号車はカフェテリア(食堂車)でございますよ〜!!

サフィール踊り子の4号車はカフェテリア(食堂車)!

カフェテリア

 

 

気づいたら新幹線から姿を消し、すっかりご無沙汰でありました食堂車が、伊豆行きの列車で楽しめるだなんて、もうそれだけでもワクワクしてしまいませんか?

 

 

 

外観だけでも気分高まる!?

乗らなくても写真撮影されてます!

人気と注目を集めるそのお姿、

サフィール踊り子の外観

サフィール踊り子の外観


列車がホームに入ると、撮り鉄か!? いや、それ以外の方も! 写真撮影者が続々といらっしゃる!! 
それもうなずけます。見るだけでウキウキしてしまう列車です。

 

 

 

内観もちろんラグジュアリー

最前列がガラス張り!

サフィールのさらなる魅力、次は内観ですが、
最前列がガラス張りで、運転席越しに前方の景色が見えちゃいます!

サフィール踊り子の最前列はガラス張り!

伊豆急下田に向かう下り線では1号車(プレミアムグリーン)が、
東京に向かう上り線では8号車(グリーン車)が前方となりますので、

下り線ではプレミアムグリーンの1番AB座席、上り線ではグリーン車の、一番番号が大きいお席…と思いきやそうではなく、こちらも1番ABおよびC席(8号車だけ、番号が逆に並んでいるため)が激戦区となっております。

 

ちなみに、私は未だこの端っこ特等席、取れた試しがないですが、少し後ろでも、存分に景色を楽しめますよー!

 

 

 

おすすめな座席の選び方

2人での乗車ならプレミアムグリーンがおすすめ!

奇数席は窓前方に窓枠とコートフック

プレミアムグリーンの座席を選ぶ際に注意なのですが、横の窓が2席ごとで一枚、使用されておりまして、奇数席だとこのように、窓の端っこのあたりに座ることになります。

サフィール踊り子プレミアムグリーンの奇数席は前方に窓枠とコートフックが。

窓の前にあるフックにコートや荷物をかけられるので、それはそれで便利、なのですが、
せっかくのオーシャンビュー車窓なのに、「なんか、寂しい」と同行の母はぼやいておりました。

 

偶数席の窓はこの通り広々!

サフィール踊り子はプレミアムグリーンの偶数席は窓が広々景色が楽しめておすすめです!

タテ2座席で1枚の窓を共有、とはいえ、
実際は、偶数番号の座席の方が、4分の3くらい恩恵受けてるのが、わかりますでしょうか。

ということで、プレミアムグリーンでしたら、偶数席が選べると、より良いと思います。

 

 

おひとりさま(一人旅)でしたら、通常グリーン車で!

サフィール踊り子のグリーン車

グリーン車は海側から2席AB、内陸側にC席というレイアウト。
空いている平日ですと、A席を一人で予約され、隣がいない状態で乗られている方が多いです。
が、土日やピークシーズンですと、一人でA席を取っても、隣に人が来るのでは、とか考えてしまいますよね…

そうした時は、C席を取って、後述のカフェテリアの1人カウンター席でオーシャンビューを楽しむのも良いのかな、とか思います。

 

ちなみに、5号車の1A、2A席というのが、車椅子対応座席

実はシート1つのみになっていて、
隣は車椅子の方のスペースになっております。

サフィール踊り子はグリーン車の車椅子対応座席

事前にこの席を取るのは憚られるのですが、乗車中にここが空いていることが発見できた折に、車掌さんにお願いして、席をかえていただいたことがあります。

 

 

3人以上なら、個室が楽しい!

個室は全室オーシャンビュー!
3人でしたら4人乗り個室、4人以上でしたら6人乗り個室がいい!
と、かねてから思っているものの、友達が少なく、親戚とも疎遠なので(笑)

 

なかなか実現できずにおりますが、
いつかは!とは思っております!

 

 

 

4号車カフェテリア(食堂車)が最高!

さて、座席を確保して、次の目当ては4号車、食堂車でございますよ!!

サフィール踊り子の4号車はカフェテリア(食堂車)!

大人気のカフェテリア、座席数が大変少ないがゆえ、スマホ限定サイト「サフィールPay」にて事前予約・前払いが必要で、1グループあたりの持ち時間が20分と少なめではあります。

が、これも、できるだけ多くのお客様にカフェテリアを楽しんでいただくため。食事を待つ時間がほとんどないので、​わずか20分でも、じゅうぶん楽しめますので、心配いりません。

こちらなのですが、人数当たり、ではなく、​​事前予約したメインディッシュの数だけ、座席が用意されるシステムとなっております。

 

サフィール踊り子のカフェテリア:母と2人の時は、メインディッシュを3つオーダーするため、いつも3席ご用意いただいており、 その場で2席に減らすという、お約束の儀式がございます笑笑

母と2人の時は、メインディッシュを3つオーダーするため、いつも3席ご用意いただいており、その場で2席に減らすという、お約束の儀式がございます笑笑

 

 

メインディッシュ1つだと、海側のカウンター席にご案内いただけます。ここはここでとても良いです!

サフィール踊り子カフェテリア(食堂車)カウンター席:メインディッシュは「Ristorante HONDA」 本多哲也シェフ監修のメニュー(カレー・パスタ)がとても美味です!​​

メインディッシュは「Ristorante HONDA」本多哲也シェフ監修のメニュー(カレー・パスタ)がとても美味です!​​

 

 

サフィール踊り子4号車カフェテリア(食堂車)カウンター席:海を眺めながらの、ちょうど一人前分入ったロゼスパークリングミニボトルが美味しい!

海を眺めながらの、ちょうど一人前分入ったロゼスパークリングミニボトルが美味しい!

 

 

サフィール踊り子4号車カフェテリア(食堂車):メインディッシュとして人気の定番パスタ「伊豆産フレッシュトマトのスパゲティ​​」

メインディッシュとして人気の定番パスタ「伊豆産フレッシュトマトのスパゲティ​​」

 

 

車内販売のラインナップも楽しい!

列車の目玉は食堂車(カフェテリア)ですが、
スナック系の食べ物やスイーツ、飲み物などは、車内販売で、座席で味わうことができます。

車内販売のお姉さんにイチオシ人気とオススメされ、私もすっかりハマってしまい、毎回購入するのがこちら、

 

しおかつおうどんスナック

サフィール踊り子車内販売でおすすめの「しおかつおうどんスナック」

「しおかつおうどん」とは、ゆでたてアツアツのうどんに、西伊豆の伝統保存食「潮かつお」の焼き身、ごま、海苔、若布、これらをふりかけ、鰹節と刻みねぎをまぶし、トッピングに温泉玉子をのせ、隠し味のダシ醤油を少量入れかき混ぜて食べるシロモノだそう。

私はまだ現物を食べたことがないのですが、揚げたうどんに、カツオの風味と、香ばしいだし醤油がいい感じに染み込んでるこちらのスナックを通じて、現物はさぞ美味しいのだろうな、と想像しております。

サフィール踊り子車内販売おすすめの「しおかつおうどんスナック」中身

 

 

静岡に行くわけですから、お茶も美味しい!?
ということでこちらも必ず買います。

ぬまっちゃ

サフィール踊り子車内販売でおすすめのお茶ペットボトル「ぬまっちゃ」

沼津産の茶葉が100%使用されたお茶だそうで、その名の通り!?「沼って」おります。

 

 

以上、伊豆行きには必ず利用すると言うべきか、これに乗るために伊豆行きを決めていると言うべきか、わからぬほどにどハマりしている「サフィール踊り子」、ご紹介いたしました。

鉄道好きの先生でしたら、日帰りで、どちらか片道乗るだけでも、その価値あると思いますし、
お時間取れれば、もちろん、宿泊も!


伊豆には素敵なお宿が沢山ございます。ブログに続き、当メディアでも、今後続々と紹介できればと考えております。引き続き応援のほど、よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

<参考サイト>