憧れラグジュアリー旅 〜情報玉手箱〜

医師として週の半分ほど従事する傍ら、総合旅行業務取扱管理者の資格を活かし、品格ある優雅な旅の情報を発信させていただきます。

【宿泊記】《伊東遊季亭 川奈別邸》お部屋に露天風呂が2つ! 旅ブロガー女医をうならす超高評価宿の特別室

「いま、旅行好きの医師に聞いてみたいレジャー情報」をお伺いしたところ、ご要望が多かった「コロナ禍でも安心な宿」!

さらに細かく、「区域ごとにおすすめの宿」「料理のうまい宿」「中部地方で、籠って楽しめるホテル」を教えてくださいといったご要望も!

 

 

今回ご紹介するのは、静岡県は伊豆の東側に位置します川奈温泉、各旅行会社・Web媒体でも軒並みクチコミ高得点をたたき出している「伊東遊季亭 川奈別邸

 

客室はわずか5つ、そのうち2つの特別室はなんとお部屋に露天風呂が2つ! 旅館にはウルサイ母を連れて訪問したところ、大喜びだった同旅館の魅力をくまなくお伝えします。

 

 

 

 

電車でも楽しい! アクセス方法

伊東まで「サフィール踊り子」(https://www.eriotravel.com/entry/saphir_odoriko )、さらに伊東から川奈までは普通列車でまいります。

普通列車区間は、うまいこと時間が合えば「伊豆急行リゾート21」(https://www.eriotravel.com/entry/izukyu_resort21)乗車を楽しめます。

 

事前にお宿にご一報入れておくと、川奈駅から無料タクシー送迎を手配してくださいます。

お車で行かれるのももちろん良いかと思うのですが、当メディアで紹介いたしております、リゾート感満点の列車も、ぜひ選択肢に入れていただければ、と思います。

 


 

 

 

 

海も見渡せる! 絶好のロケーション

ロビーの一角から

お宿は高台にあり、晴れれば眼下に海を見渡せるロケーション。ロビーに入ると、そこから世界が変わります。

伊東遊季亭 川奈別邸:ロビーの一角

入口を入ってくるとまず見えてくる、まるで、絵画のような世界

 

お部屋から

お部屋からもこの景色が見渡せます。

《伊東遊季亭 川奈別邸》庭園露天+露天風呂付き離れ特別室「暁」お部屋からの景色

 

 

お部屋の露天風呂から

このロケーションを生かしたお部屋のバルコニー兼1つ目の露天風呂、お気に入りでした。

《伊東遊季亭 川奈別邸》離れ特別室「暁」お部屋内の露天風呂

 

 

 

ちなみにもう一つは庭園露天風呂!

2つ目の露天風呂は、このバルコニーからお庭へ降りたところにあります。

《伊東遊季亭 川奈別邸》離れ特別室「暁」お部屋の庭園露天風呂

 

 

ちなみに、こちらの庭園露天風呂ですが、横にちゃんと脱衣所がございます。

「すっぽんぽん」のまま降りて行かねばならないわけではございません。ご安心を。

《伊東遊季亭 川奈別邸》離れ特別室「暁」お部屋の庭園露天風呂横の脱衣所

 

 

個室のお食事処からもこの景色が堪能できます!

《伊東遊季亭 川奈別邸》朝食・夕食会場の個室食事処

夕食・朝食ともにこちらの個室でいただきます!



 

 

ステキなお部屋に「ひと工夫」

今回利用したお部屋は

庭園露天+露天風呂付き離れ特別室「暁」

《伊東遊季亭 川奈別邸》庭園露天+露天風呂付き離れ特別室「暁」の居間



リビングにひと工夫!

ステキな和室ですが、和室のお部屋って、テレビを観ながら寝っ転がれないのが悩み?じゃないですか。
ですが、クチコミ高得点のこのお宿、対策は万全でございます。
お部屋の片隅に置かれたこの「砂嚢袋」のような物体たち、

《伊東遊季亭 川奈別邸》庭園露天+露天風呂付き離れ特別室「暁」の居間で横に寝転べる「砂袋」

コレの正式名称、誰か教えていただきたい。

 

こちら「畳で寝っ転がる」ためのものらしいです!

《伊東遊季亭 川奈別邸》庭園露天+露天風呂付き離れ特別室「暁」今で砂袋に寝っ転がる

 

 

ここに布団を敷いて寝る、わけではないです。洋間のベッドルームがございます。

《伊東遊季亭 川奈別邸》庭園露天+露天風呂付き離れ特別室「暁」のベッドルーム

 

 

部屋着もバリエーション豊か!

ピンクの浴衣、こちらも可愛くてポイント高しですが、浴衣だと結局翌朝「ヒモ1」になってしまい、苦手な私のような客向けに、作務衣も各サイズございます。

《伊東遊季亭 川奈別邸》お部屋の浴衣、作務衣など、アメニティ充実!

 

 

バスアメニティーも秀逸!

女子の「お楽しみ」バスアメニティも、とても豊富でした。高級美容液を試すことができたり、お持ち帰り用の「オムニサンス・パリ」のコスメが人数分ございますのでこちらも楽しめたり、中でも、髪を束ねるゴムが可愛い「シュシュ」だったのが素晴らしかったです! 

《伊東遊季亭 川奈別邸》お部屋のバスアメニティー 特にシュシュが気に入りました!

これで髪を束ねて外出してもOKな可愛さにつき、迷わずお持ち帰り&その後も お泊まりセットに常備して持ち歩いています

 

 

 

楽しみすぎるお食事は個室食事処で

夕食・朝食ともに、海に臨む、こちらの個室にていただきました。

《伊東遊季亭 川奈別邸》夕食・朝食ともにこちらの個室食事処でいただきます

 

 

このお部屋に入る時はいつも、座布団がこの状態。

《伊東遊季亭 川奈別邸》個室食事処の座布団は、いつもフカフカ!

なんだか、座るのがもったいなくなってしまいます笑

 

これぞ伊豆!な食材をくまなく堪能

伊豆といえば!伊勢海老。

夜はもちろんお造りで!

《伊東遊季亭 川奈別邸》夕食の伊勢海老お造り



 

朝は「お頭」がお味噌汁に!

《伊東遊季亭 川奈別邸》夜の伊勢海老お造り「お頭」の部分が翌朝食では味噌汁に!

 

 

伊豆で生ワサビすりすりは「お約束」です!

《伊東遊季亭 川奈別邸》伊豆お宿のお食事で「生ワサビすりすり」もはやお約束ですね!

 

 

お食事の部分でも「気の利いたサービス」、ありました!

インスタ映え!? 色とりどりのお猪口が選べるサービス!

まず、お料理は日本酒と共に楽しむのが最高ですが、何よりおちょこがこの中から選べて楽しかったです!

《伊東遊季亭 川奈別邸》夕食で日本酒をいただく際には、こんなたくさんのおちょこから選べる!

《伊東遊季亭 川奈別邸》夕食でいただいた日本酒

 

 

「お夜食」におにぎり!

《伊東遊季亭 川奈別邸》お夜食のおにぎり

海苔は食べる時に巻く形式。ほんのり塩が効いていて美味しかった!

 

以上、伊豆の「部屋数の少ない」ラグジュアリー宿、ご紹介いたしました。

 

海外旅行が解禁になりつつありますが、この円安&サーチャージ高騰で、自分はまだまだ国内をまわりたいな、と思います。

 

 

 

↓↓ご予約はこちらから↓↓ 

 

 

 

 

 

 

<参考サイト>

【伊豆】《伊東遊季亭 川奈別邸》庭園露天+露天風呂付き離れ特別室「暁」宿泊記 | 旅するフリーランス女医❤︎えりおのトラベルブログ

 

 

<関連サイト>